こんにちは、今をトキメク女子大生、ササキです。

ご存知の方も多いと思いますが、カウチサーフィンというものをご存知でしょうか。

 

f:id:chihiro-sasaki:20170829000559g:plain

 

カウチサーフィンとは、海外旅行などをする人が、他人の家に宿泊させてもらう(カウチをサーフさせてもらう)という形式の相互的な思いやりや信頼による制度である。コミュニティーの軸にしたウエブサイトにて、プロフィール、身分確認制度、メンバー同士の評価等により、世界各地のメンバー間で連絡を取り相談の上で宿泊が決まる。 

 

 

今回はこのカウチサーフィンで知り合ったアメリカ人男性と会って来ました。

ここでは宿の提供だけでなく、観光案内などもできます。

 

(ここで一言申し上げたいのが、21年間を無に過ごしてきた私ですが

決して出会いを求めてこのサイトを使ったわけではないということです。)

 

旅先でローカルの人たちと仲良くなりたいときに使えるサイトです。

日本でも実践的な英語学習に使えること間違いなし。

 

 

www.couchsurfing.com

 

 

 突然の連絡

 

カウチサーフィンの使い方がイマイチ分からず

しばらく放置していました。

 

そんなある日、アメリカ人男性からメッセージが届いたのです。

 

 

 

今東京にいるんだけど、案内してくれない?

 

 

 

 

 

きたァ〜!すんっげえカウチサーフィンっぽい!

 

宿の提供はしていない私だったので、

こういう観光案内みたいな使い方がしたかったんです。

 

早速返信しました。

 

 

 

いいよ!どこか行きたい場所ある?

 

 

公園!

 

 
 

(え?公園?)どこの公園?

 

 

上野公園!

 

 

 

こうして私たちは炎天下の中、上野公園に行くことを決定しました。

観光地が色々ある中、異常に公園にこだわりを持つ彼。

 

しかしホストである私、

 

 

上野公園行ったことねえ〜〜〜!!!

 

 

ホスト史上最初にして最大の危機に見舞われます。

 

 

オンラインを通して会うことへの不安

  

オンラインのコミュニティを使うことに対しての抵抗はないのか?

と問われると答えはもちろんイエスです。

 

今をトキメク女子大生なので。

 

もしかするとxxx(ピー)にxxx(ピー)されてxxxxx(ピー)されるかもしれないxxx(ピー)な状況になってしまうこともあるかもしれません。

 

 

 

 

 

いいですか、自分を守れるのは自分だけ。

 

私は自分が一番可愛いので、もしものときに備えてちゃんと買っておきました

 

 

 

 

 

f:id:chihiro-sasaki:20170827183535j:plain

 

シャボン玉。

 

これで防御は完璧です。

めちゃくちゃシャボン玉をシたら大抵の危機は逃れられると踏みました。

 

 いざ参らん、上野公園

 

当日、上野公園。

 

どうやらネパールフェスティバルというお祭りがあっているようで

たくさんの人で溢れかえっています。

 

f:id:chihiro-sasaki:20170828152610j:plain

 

「ちゃんと会えるのだろうか・・・?」

そう思った私の予感は正しかった、と今の私は語ります。

 

私たちは2時にJR上野公園の公園改札口で待ち合わせをしていました。

 

f:id:chihiro-sasaki:20170828152605j:plain

 

しかしなかなか彼は現れません。

LINEを開くと

 

 

2:30に着く

 

 

 

乗り過ごした

 

 

 

あと2駅で着く

 

 

今銀座線に乗ってる

 

 

 

 

とのこと。

 

私は日本人なので、電車の乗り継ぎなんて楽々にできちゃいますが、

まだ慣れていない外国の方はそうではありません。

 

きちんと考慮すべきでした。

日頃の感覚を捨てて、もし自分が異国の地で待ち合わせをする時に困るであろう点を、相手にも反映させて考えてあげなきゃいけなかったと思います。

 

アメリカ人の彼、世界を飛び回るエンジニアだった

 

ちょっとトラブルもあったのですが、無事会うことができました。

シカゴ出身のアメリカ人、Vさんです。

 

存外素敵な人だったので、ちょっと会話を抜粋しておきます。

 

私「日本で何の仕事してるんですか?」

 

V「セルフエンジニアだよ。だから会社に勤めたりはしてないんだ。

だから色んな国へ旅してる。アジア・東南アジア・中東とか、色んな国を旅してるよ。

 

自分の国にいても退屈しちゃうからね。」

 

私「すご〜!

そんなに旅するお金があるってことはお金持ってるんですよね?(ゲス顔)

 

V「みんなそう言うけど、金持ちって訳じゃないよ。

ただやりくりが上手いとは思う。

 

僕は東南アジアにいる時が一番快適なんだ。

ほら東南アジアって物価が安いから。

 

アメリカとか日本だとタクシー代・ホテル代バカになんないけど、

東南アジアとか超安いからね。

 

あと空港から近いホテルに宿取ると、朝早い飛行機にも乗れるからそこでコストカットできるよ。」

 

手練れだ・・・!

旅の手練れだ・・・!

 

シカゴ出身の彼はアメリカに帰る予定はあまりないらしく、「ん〜、8日間だけ飛行機の関係で滞在するだけかな?」と言っていました。

 

でもやっぱり思うのが、そんなに海外を飛び回って疲れないのだろうか

ということ。

 

私が海外に行って感じるのはやはり「言語の壁」です。

自分の言いたいことが伝わらないってすごくもどかしいじゃないですか。

 

そこについてどう考えているのか聞いてみました。

 

 

「言語の壁に困ることはないんですか?」

 

「ん〜、グーグル翻訳があれば大抵いける。

言語学ぶのに時間かかるし、色んな国に行ってるから一つの言語を学んでたらキリがないよ。」

 

「英語を話せる人ってかっこいい!」と私は思ってやまないのですが、

確かにグーグル翻訳を使いこなせるようになればどこにだって行ける気がしてきました・・・!

 

しかし彼と話していて感じたのは、

自分の意見が日本語で話すときよりも極端になってしまうという点。

 

ボキャブラリーが少なく、自分が思っていることをそのまま話すことができていないので、もし深い話をするのであればグーグル翻訳では通用しないと思います。

 

今回の上野公園でのハイライト

 

そんな敏腕な彼でしたが

 

「オ〜ピジョンメ〜〜〜ン!リアルピジョンメ〜〜〜ン!」

 

f:id:chihiro-sasaki:20170828152609j:plain

 

と手にスズメやハトを乗せて餌付けしているおじいさんを見て大はしゃぎしていたのが一番のハイライトです。

 

「アニメでしかピジョンメン見たことないよ。

本当にいるんだね!」

 

と満面の笑みを浮かべていたので、私も笑顔で返しました。

 

「うん、私も初めて見たよ」

 

 

 

 

本のいいとこおすそわけ。

 

今回ご紹介するのは、このブログで何度か触れたことのある市川春子さんの『宝石の国』というマンガです。本棚に置いておきたい作品。

 

※本作は『マンガ大賞2015』大賞候補にノミネートされています。

きっと大賞は『子供はわかってあげない』だ!『マンガ大賞2015』あらすじ&感想大賞候補14作品まとめ - いろどりぷらす

 

 

あらすじ

 

今から遠い未来。地上の生物が海に沈み、海底の微小な生物に食われて無機物となり、長い時間をかけて結晶となった宝石生命体、のような存在が生まれた。その宝石のカラダを持つ28人は、彼らを装飾品にしようと襲い掛かる月人(つきじん)に備えるべく、戦闘や医療などそれぞれの持ち場についていた。

 

月人と戦うことを望みながら、何も役割を与えられていなかったフォスは、宝石たちを束ねる金剛先生から博物誌を編むように頼まれる。漫画界で最も美しい才能が描く、戦う宝石たちの物語。(Amazon.co.jp:宝石の国(1))

 

 このPVがよくできてる。

 

まさに宝石のような作品

 

『かくかくしかじか』の東村アキコさんが『このマンガがすごい!2015』本誌の中で「枕元に置いて毎晩ながめてから寝る、宝石のような作品」と評価しています。動画を見ていただけると、雰囲気がつかめるはず。市川さんの他の作品を読んだ方ならわかると思いますが、幻想的で独特な世界観を持ったマンガです。

 

とまあ「幻想的で、素敵」と言うだけでもいいのですが、このマンガを気に入った理由を考えると、内容はもちろんですが、他の作品との差でいうと装丁が気に入りました。

 

普段、僕は紙の本も電子書籍も場合によって使いわけています。それぞれいいところ、悪いところはありますが、『宝石の国』は紙の本を買うことをおすすめします。

 

なぜかって?

それはきれいだからですよ。

 

f:id:irodoriplus1:20150122170023p:plain

f:id:irodoriplus1:20150122170028p:plain

 

 表紙にあたる光の角度が違うと光る場所も色も変わる。

 

f:id:irodoriplus1:20150122170046p:plain

f:id:irodoriplus1:20150122170057p:plain

 

この表紙の輝きは当然購入するときから目に入っていました。けれども「ただ光ってるだけじゃん」という認識でそれほど重要視していませんでした。

 

本作に登場するメインのキャラクターは宝石たちです。物語の世界に入り込み、宝石が抱える苦悩を感じていると当然キャラクターに愛着がわきます。欠損することはあっても、死ぬことはない体を持つ宝石たちは戦い続ける。

 

おもしろかったな、と本を閉じると、表紙の輝きが目に入る。「あれ、ここにもいる」と、キラキラした表紙がキャラクターの欠片であるかのように思うようになったのです。思わずなでててしまうほど。だから購入時に手にとったときより表紙に愛着があります。

 

「電子書籍が紙の本を淘汰するのか?」という議論をするときに、「紙の本はコレクションとして買いたい人がいるから、なくなりはしない」という意見が出ます。まさに『宝石の国』はその類の本。必ずしも、ものすごく豪華な装丁というわけではありませんが、読んだあと愛着がわき、本棚に置いておきたくなるマンガです。

 

スポンサーリンク


【インタビュー】上は少年、下は少女。性別のない宝石たちは「色っぽい」! 『宝石の国』市川春子【前編】  |  このマンガがすごい!WEB

 

宝石の国(3)

宝石の国(3)

  • 作者: 市川春子
  • 出版社/メーカー: 講談社
  • 発売日: 2014/08/22
  • メディア: Kindle版
  • この商品を含むブログ (1件) を見る
 

 

『宝石の国』が気になるなら、こちらはいかがでしょう。

きっと大賞は『子供はわかってあげない』だ!『マンガ大賞2015』あらすじ&感想大賞候補14作品まとめ - いろどりぷらす

ここは静かな夢の世界―『夜とコンクリート』町田洋 - いろどりぷらす

禿げたオッサンのツンデレ話―『春風のスネグラチカ』沙村広明【メディア芸術祭】 - いろどりぷらす

 

みなさま、こんばんは。
いつもアクセス、ありがとうございます。
東京都心ではマフラーを巻いている人もいるくらい、秋が一段と深まってきています。

本日は、ホリデーシーズンに向けて、2つのジュエリーブランドの新しいコレクションをPick-up!

f:id:ouvea:20151026210557j:plain

ポンテヴェキオのブライダル新作コレクションは、
純度99.9%の純プラチナを使用したふたりの永遠を約束するにふさわしいジュエリーコレクション。

つづきは、more on
http://eturaku.jp/osirase.php?notice_id=360

f:id:ouvea:20151026210610j:plain


フォリフォリ 2015 ホリデースペシャル「Winter Dream」は、これからの季節のスタイルをより華やかに、 フェミニンで魅力的に演出。
この期間だけの、特別なプレゼントも!

つづきは、more on
http://eturaku.jp/osirase.php?notice_id=361

 

゚・*:.。. ☆.。.:*・゚

こちらでも、「えつらく」の発信をキャッチできます。

Twitter 

twitter.com

Facebook 

www.facebook.com

 

麺屋むげん

2019/06/29

4/30、千葉県市原市、麺屋 むげんに行ってきました。


f:id:kazu_ma634:20140617173705j:image:w400
f:id:kazu_ma634:20140617173706j:image:w400
赤辛味噌つけ麺
つけ汁の中に具がたくさん入っていて、麺をつけるスペースがない。
この具の多さは麺や 紅丸を思い出す。
具が多いとスープ割りも楽しみになる。


f:id:kazu_ma634:20140617173707j:image:w400
ごちそうさまでした。


麺屋 むげん

前回書いたバイク遍歴のつづき。

2台目のバイクに乗ったのは、ずっとあとの23歳の夏だった。

当時大学5年生だった僕は、就職活動も早々に諦めてひまを持て余していた。授業は後期に固めたので前期はなかったし、バイトは夜しかないし、同級生は新卒で働いているし、留年した友達の何人かは消息不明だし、昼間はやることがない。そうしてダラダラと過ごしていた春うららかなある日、ふと思い立った。

「そうだ、免許を取ろう」

 

自動車の免許は持っていたので、二輪の免許は教習所でバイクに乗るだけで座学はナシ。なんだか楽しそうじゃん。

佛教大学の横から鷹峯につづく長い上り坂を、自転車を立ち漕ぎして光悦自動車教習所まで通う道のりはつらかったが、日頃の運動不足解消にはちょうどいい。ひまにものを言わせて毎日せっせと通っていたら、2週間ほどで免許が取れた。

本当は免許を取ったらおしまいにするつもりだったけど、取ったら取ったでやっぱりバイクがほしくなる。そこでいろいろ検討して選んだのがヤマハのSR400。これは400ccの中では小型の部類で、写真が残ってないのが残念だけど、自分好みにいろいろカスタムができる楽しいバイクです。

 

1台目の原付は真冬に乗り始めたが、今度のSRは8月のはじめに買ったので季節としては申し分ない。関西のバイク乗りのおそらく全員が、まず最初にするのは通称「ビワイチ」と呼ばれる琵琶湖一周である。1周がだいたい200kmくらいで、半日かけてのんびりまわるのにちょうどいい。

それで、ひまにものを言わせて乗り回していたら(たしか8月だけで3回はビワイチをした)、信じられないほど日焼けした。バイクで走っているときは風に当たっているのでそれほど暑さを感じないのだけど、当然しっかり紫外線を浴びつづけたわけで。

でも今思い返してみると、あれほど自由を感じて、ただひたすら楽しいことだけを考えていた夏は、僕の人生でそれまでになかったし、それ以降もない。バイクのほかにはフジロックに行ってビョークを見たり、サマーソニックに行ってレディオヘッドを見たりした。バイクと音楽の夏だった。大学5年生で、将来のことは何ひとつ決まっていなかったけれど。

 

30歳を過ぎて次第にバイクに乗る回数も減っていき、やがてそのSRは手放してしまったが、彼女(バイクのことです)といっしょに日本中のさまざまな場所を走った記憶は、混じりっ気なしの「良き思い出」として、今も僕の中に残っている。

作業の効率化のためには集中できる時間を増やすことが重要です。push通知に即座に反応せず、自信の集中力をコントロールしています。

push通知に即座に反応しない

基本、デスクトップ通知機能は切っておきます。iPhoneも基本サウンドはoffなのでブルっとなることはないです。pushされた情報もサウンドがならない邪魔になりません。

push通知は即座に反応せず溜めておいて、自身のタイミングでpullすることでマルチタスクが可能となると考えています。

そういう意味では、 push通知を即座に反応しないでよい状態にする ということです。

自身のタイミングで情報を pull する

私が作業中に開いているアプリケーションは少ないです、ブラウザ、iterm、togglぐらいです。徹底しているのはブラウザのタブもアプリケーションも今必要な物以外は開かないということ。ここでいう今必要なものとは、みずから定期的に情報をpullする対象となるものです。

アプリケーションと何に使っているかは以下の通り

  • google chrome
    • チャットワーク
    • slack
      • qiita:teamの通知
    • Gmail
      • pull reqメール
    • trello
  • iterm
    • vim
  • toggl

特に、情報をpullするという点においては、ブラウザ上でチャットワーク、slack、Gmailを見に行くだけ。要するにタダ単にgoogle chrome上でタブ移動しているだけです。

心がけているのは、

  • 自分のタイミングで
  • 自ら情報を見に行く

こと。 自分のタイミング ってのが大事で、push通知だとどうしても相手の都合になってしまうんですよね。電話と同じ。自分のタイミングで情報を得ることで自身の集中力への影響を最小限にしたいのです。

集中しながらマルチタスク(ぽいなにか)

togglを使う理由って、作業記録ってのが一般的だと思うんですが、ちょっと違う使い方をしています。結論から言うとポモドーロテクニック的に使っています。ポモドーロテクニックってのは作業時間を予め決めた時間に細かく分けて仕事をするテクニックです。

短期間に分けたタスクないでは割り込みを許容ないので集中した仕事が可能という噂です。

私は、このポモドーロテクニックにポモドーロタイマーではなく、なぜかtogglを使います。

  • 作業開始時にtogglを開始する
  • そのとき 今から何をするか を表明する意味で作業内容を選択する
  • あとは常に経過時間という 情報をpullし続けます

普通、ポモドーロテクニックにおける予め決めた時間を区切るのってタイマーを使うんですが、ポモドーロテクニックなのにタイマーを使わない!これがポイントです。タイマーはpush通知です、ポモドーロテクニックは強制的に決まった時間で作業を中断させます。そういった強制タスク切り替えを他人に任せないのがマルチタスク化のポイントだと思っています。

自分のタイミングで細かく情報をpullし続けることを癖にしています。なので、macの時計は本当によく見まくります。そうすると自然と自分が集中する時間も把握出来るようになります。体内時計的な何かの訓練にもなりそうです。

私の中では1ポモドーロが40分で、だいたい集中力切れたなと思ったら、それくらいの時間が経っています。

さらに、ポモドーロなのにメインタスクは期間を決めて進めるんですが、 割り込みを許容 してしまうというもはやポモドーロとはなんだったんだという運用をしております。

ポモドーロテクニックはあくまでも、メインタスクの時間制限を設けるという意味で使います。

  • ポモドーロをメインタスクの宣言と開始表明に使う
  • 自身のタイミングで定期的に情報をpullする

大事なのは自身の集中力の続く時間を把握することです。20分、25分、30分、40分、60分など、色々試してみましょう。

ジェスチャーを使う

ところで、ブラウザを使うときに、一点工夫しているのが、Better Touch Toolで、 Rotateジェスチャーをタブ切り替え に割り当てていることです。

f:id:naoto5959:20150108233534p:plain

普通、rotateって、こういうふうに親指と人差指を使うらしいんですが、

f:id:naoto5959:20150112212404j:plain

何故か私は、人差し指と中指を逆方向に動かすことでrotateジェスチャーを発動させています。

f:id:naoto5959:20150112212740j:plain

多分、こういうのって普通はAfredとかランチャー使ったりするんでしょうけどなんせブラウザのタブ切り替えたいだけなので、ジェスチャーが楽なんですよねえ。

なので作業中に情報をpullするときにchromに切り替えてトラックパッド上で指だけを人差し指と中指をフニフニ動かすだけで良いので気に入っております。

ついでに言うと、 3本指で上にスワイプで新規タブ3本指で下にスワイプでタブ閉じ です。

このジェスチャーを使って、メインタスク中も、何らかの待ち(テストを回している時が大半)が発生したらchromeに切り替えて即ジェスチャーで情報のpullをし始めます。

pullによるマルチタスクで便利なこと

  • push通知と比べて、自らコントロールしている感が出る(全能感)
  • ポモドーロでメインタスクに集中しておきながらも、何でも常に反応するみたいな、この人いつコード書いているんだ感が出せる
  • マルチタスクしつつも、ベースとしては、メインタスクはポモドーロをしているのでメインタスクは着々と進む

最後のがポイントです。メインを決めないでマルチタスクだとどうも収拾がつかなくなってしまうのですが、メインという軸を大きな時間(とはいえ40分)で区切って更に数分単位でメイン以外の細かいタスクを自ら情報をpullして打ち返す感じです。

更に工夫してみて、メインタスクの切り替えタイミングで溜まったpush通知をpullしにいくのも良いかも知れません。

MAKE IT SIMPLEに、今すぐ消化できるタスクは、瞬殺せよというお話が出てくるのですが、私はマルチタスクの中で瞬殺しまくります。

1秒もムダにしない人の 超シンプル仕事術 (アスカビジネス)

1秒もムダにしない人の 超シンプル仕事術 (アスカビジネス)

  • 作者: 岡田充弘
  • 出版社/メーカー: 明日香出版社
  • 発売日: 2012/12/19
  • メディア: 単行本(ソフトカバー)
  • この商品を含むブログを見る

ちょっとかかりそうだな、というタスクはTODOに入れておけばいいんです。そんでそれを次だかそれより後だかのポモドーロで分割されたメインタスク内で行います。

人間、本当の同時のマルチタスクなんて出来るわけないので、とにかく小さく分けることでタスクを順番に解決していく、それが人間の出来るマルチタスクなのかなーと思っております。

push通知以外にやってくるもの

人との相談ごとは基本ウェルカム状態にしておくのが良いと思っています。相談事は割りと自らコントロール出来ないpush通知と言えるのですが、チーム開発におけるコミュニケーションは何よりも大切なタスクだと思っています。そうした状況では快く相談事という割り込みタスクには応じることが大切だと思います。

効率を追い求めすぎて、チーム内のコミュニケーションがおろそかになっては元も子もないと考えます。自身の集中力が続く最適な時間配分や、そうしたコミュニケーションのバランス感覚を養うことが本来の作業効率化だと考えています。

ただいまーーー!!!
東京砂漠に戻ってきました!!

それでは、本日の結果をドーン!

f:id:reia2017:20170508221758j:image

57.1㎏(前回)
61.6㎏(今回)+4.5kg

前回はTANITAでの計測を挟んでるから、WiiFit上での"前回との差"に違いがあります〜

● 食べたもの ●
9:00 :フルグラ
14:00:ソイジョイ、味噌汁

いやぁ〜、あんだけ頑張って減らしたのに、増えるのは簡単だね!
増えて3kgぐらいかな〜とか考えてたけど、甘すぎた!
4.5kg増って!!アホか自分!
まぁ、楽しかったからいっか!
とにかくひたすら飲んで、食べて、飲んで飲んで飲んだ9連休でした。
GWの思い出を胸に、また頑張ります!
やるぞーーー!!!!

にほんブログ村 ダイエットブログへ
にほんブログ村

▽5月19日(火)
・10年物兵庫県債(100億円)入札

 

▽5月20日(水)
・3月の兵庫県鉱工業生産指数

 

▽5月22日(金)
・兵庫・神戸IT人材就職フェア2016(神戸市産業振興センター、13:00)

 

▽5月23日(土)
・アシックス×神戸市ランニングコースのオープニングセレモニー(小野浜公園、10:00)

 

 

こないだの仮想化友の会がKVMだったのですが、まだ1度も触ったことがなかったので、先ほどからFedora11のプレビュー版(?)(((2009/05/31時点で)正式リリースまであと数日))を使って体験中です。
インストール時にはKVMをインストールできないっぽい(仮想化のオプションにはvirt-managerしかない)?ようで、インストール後にyum等を使ってKVMをインストールする必要があるようです。
インストールした後は、Xenとかqemuを使うのと同じ感覚で、virt-managerで仮想マシンを作れるようになります。virt-managerも0.7.0になって、仮想マシンの画面の拡大縮小機能がついたり、若干豪華になってきているようです。
で、すごかったのが、KVM上の仮想マシン(CentOS 5.3)に、ふつーにXenを入れて使えるところ。スクリーンショットでは、edora11k
KVMでCentOS 5.3を動かして、Xen上のCentOS 5.3*1でCentOS 5.3のVM(「仮想仮想マシン」?)を動かしているところ。なんか……きもい!
f:id:Akkiesoft:20090531015944j:image:w450
KVMの使い道はあれか、Xenのテスト環境の仮想化か(えーーー
ちなみに、スクリーンショットのところで「仮想仮想マシン」のインストールが進まなくなってしまいました。Fedoraの仮想マシンマネージャからSSHでつないで開けば何とかなるのかしら。気が向いたらまた今度試しますー。
あと、仮想化関係ないけど、Fedora11はなぜかLANの接続が切れやすいっぽい。いちいちifdown eth0;ifup eth0しないといけない。なんぞこれー

*1:Xen上のCentOS 5.3 == Dom0

だって好きじゃなかったら相手を知ろうともしないからダメ出しなんてできないし!